「明治大学マンドリン倶楽部チャリティーコンサート」 11月17日無事終了! ご協力ありがとうございました。 

美術鑑賞クラブ

2018.11.17 掲載
■スケジュール他
・展示イベントをみて不定期に開催。
■参加希望の方又は内容を知りたい方は下記にお問い合わせ下さい。
連絡先:仲内( TEL・FAX ) 0467-25-4591

 美術鑑賞クラブは、美術館や博物館巡りをよくされていた細野朝洋さんを部長に平成24年11月に発足したクラブです。不定期に細野さんの推薦で開催していますが、場所により付属庭園観賞を兼ねることもあり自家用車乗り合いや電車利用で行くことになります。第1回目は強羅美術館とポーラ美術館でした。ほとんどの参加者はその美術品の素晴らしさが判るわけではないのですが、美術より文化の理解、旅行や観光気分で参加も良しとしています。また美術鑑賞のあとの食事場所も楽しみの一つです。これまで三菱一写館、横浜美術館東京国立博物館、葉山の神奈川県立美術館と山口蓬春記念館、箱根小涌谷の岡田美術館そして平成27年3月には六本木の東京国立美術館サントリー美術館を訪ねています。その後に日本民芸館、谷中の朝倉彫塑館と東京芸大美術館、2回目の横浜美術館の展示を鑑賞しましたが、以降水上バスで墨田川架橋の造形美、沼津御用邸建築美、大磯吉田茂邸の建築美と展示物から離れた鑑賞に変化して、浅草虎姫一座の躍動美鑑賞もあり活動内容も変化してきています。美術館では当然その時々の展示品と常設展示品も鑑賞するわけですが作品の作者の説明書き読んで頭に入れてもすぐ忘れてしまうことが多いのは残念な気がしています。参加者は5人~8人程度ですが美術品、技の美への審美眼を養いたいと思う方は是非ご参加下さい。今まで目が行かなかったのが目が行くようになったということは有ると思います。その時々の観賞会は会報に掲載しています。

f:id:meijizuyou:20180717013115j:plain

  (平山郁夫さんが学長を務めた東京芸術大学の美術館見学、写真は陳列館前)

         - - - なお細野部長の郷里は平山さんと同じ尾道市生口島瀬戸田です- - - 

(現在)

今年(2018年)細野部長から仲内部長に代わり、クラブ員は仲内、山村、西山、柳生、斎藤、林、小川の7名となっています。これまで多く参加されていた細野、桜井、足立の3氏は体調上不参加となっています。また企画によりクラブ員以外でも参加は可能ですが、興味のある方は入会され、クラブ員と一緒に美学を堪能しませんか。また鑑賞場所展示等ご希望をお寄せ下さい。

最近の下記ブログ参考にご覧下さい。

2017.5.8ブログ「美術鑑賞クラブで大磯の旧吉田茂邸を見学しました 

              ←戻る