「明治大学マンドリン倶楽部チャリティーコンサート」 11月17日無事終了! ご協力ありがとうございました。 

クラシック鑑賞クラブ

2018.11.17 掲載
■スケジュール他
・奇数月の月末土曜日に開催  会費1,500円  於・小坪の柳生監査役
・参加者はJR逗子駅前集合 12:30     
■参加希望の方又は内容を知りたい方は下記にお問い合わせ下さい。
 連絡先:柳生( TEL・FAX )0467-22-2004

 クラシック鑑賞クラブは、小坪の自宅にリスニングルームをお持ちでクラシックを聞くのが趣味という柳生浩さん(部長)にお願いして平成23年4月に発足したクラブです。なんといってもティアックのスーパーオーディオEsoteric P-0他大きなスピーカーや膨大なレコード、CDに圧倒され、更に本棚の音楽関係の書籍から言語、文学、歴史書等に驚かされます。奇数月の土曜日に午後1時~5時の時間帯で開催していますが、こういう場所でクラシックを堪能出来るのはなんと幸せなことかと毎回感じています。

 これまで作曲家を決めてその生い立ちの説明や作曲の背景などを話し合いながら曲に耳を傾け、大型テレビで演奏や歌劇のDVD等も見るわけですが、人が集まればお酒が入るのは仕方がなく(柳生さん曰く昔ヨーロッパではクラシックを聞く時は酒を酌み交わしていたそうです)曲と関係ない話題になったりして盛り上がることもしばしばです。初回ドビッシーに始まり、モーツアルトチャイコフスキー、ベートーベン、ブラームス、バッハ、ショパンストラヴィンスキーシューベルトシューマンメンデルスゾーン、リスト、ハイドンシベリウス、ワグナー、ロッシーニマーラーバルトーク、ヴィヴァルディー、ヘンデルの人となりの説明を聞き、有名な曲を鑑賞しました。その後、バレエ音楽、日本の歌曲、オペラ音楽、シンフォニー、ピアノ曲、ヴァイオリン曲、弦楽器の曲、交響曲、ロマン派の曲、ハープとピッコロの曲等、ジャンル別のクラシック鑑賞となっています。

f:id:meijizuyou:20180717003113j:plain

    (右はクラシック話で柳生さんと唯一渡り合えた故片瀬さん。

      急逝後、友人で音響メカに詳しい鈴木悟さんが参加されています)

(現在)

クラブ員は柳生、山村、林、足立、小川幹、広瀬、西山、斎藤、三武、鈴木悟の10名ですが、これ迄1回以上参加された方は26名です。会費1,500円で昼食と酒を買って柳生宅に向かう部員と直行組がいますが毎回7名前後が集まっています。一度柳生宅のリスニングルームを訪ねてみませんか。クラシックに興味のある方は是非ご参加下さい。

最近の下記ブログ参考にご覧下さい。

2016.7.7ブログ「第22回クラシック鑑賞会を開催しました

               ←戻る